株式会社コンドーブロードキャスト
音声トラック差替えツール(eRAP)
MXFオーディオトラック差替えツール(eRAP)



MXFオーディオトラック差替えツール(eRAP)

MXFビデオファイル中の指定する複数のオーディオトラックを、WAVファイルの内容に差し替え可能なポストプロダクションツールeRAP。



ポストプロダクションで音声トラックの差替えが必要な時には、現在にシステムでは、一旦NLE編集システムに取り込んで、ビデオファイル、オーディオファイルに分けてオーディオファイルを差替え、さらにMXFラッピングに戻す作業工程となります。

eRAPは、このNLEシステムに取り込む・MXFに書き出すという工程を経ずにMXFファイルからオーディオトラックを抽出して、任意のWAVファイルに差替えて元のMXFファイルに戻すことの出来るソフトウエアです。



ファイルベースワークフロー中の工程で生じる音声内容差し替えを、緻密・単純操作、そして高速に、もちろん品質は落とさず処理できるので、ファイルベースワークフローの省力化が実現できます。

操作は、差し替える音声トラック内容をWAVで作成し、差し替え元のMXFビデオを選択してラッピングボタンを押すだけで差し替えたい音声トラックの内容の差し替えを実現しています。



「eRAP」のワークフロー








主な機能と特長


  • 特長

  • ビデオ部分は一切触れずに、オーディオトラックの差し替えのみを実行します。
  • MXFファイルの任意の音声トラック(複数可能)の音声をトラック毎に用意した新しいWAV(BWF)ファイルで差し替えます。
  • XDCAM(4:2:0/4:2:2)、XAVC、P2 AVC Intra100のプロファイルに対応しています。
  • NLE編集機でレンダリングする所要時間よりも早く差し替えできます。(例.1時間番組を90秒)


  • 機能

  • ラッピング時にMXFファイルとWAVファイルのサンプル数を自動的に合致させるサンプル自動調整機能。
  • MXFビデオから編集用のWAVファイルを抽出するWAV抽出機能
  • オリジナルファイルバックアップ機能
  • ノンリニア編集アプリケーションと同じPC上で共存可能
  • 作業内容を後から検証可能な実行ログ搭載