kondobc
MSV-1200
放送用ビデオサーバー(SD/HDスタンドアロンビデオサーバ)
MSV-1200

放送用ビデオサーバー、MSV-1200シリーズは入出力コーデック、標準で8TBの大容量ストレージ、ネットワークでのファイル転送、システム管理機能機能を3RUの筐体に内蔵した、スタンドアロンビデオサーバです。
エンコーダはHD/SDスイッチャブル、デコーダにはアップコンバート・ダウンコンバート機能内蔵も用意されています。
インジェストとプロダクションそしてプレイアウトまでシームレスなワークフローとオペレーションコスト圧縮を同時に実現します。
放送用ビデオサーバー、MSV-1200は最大16TBストレージ容量、最大4入力6出力(MPEG2 HD@50Mbps)を1台のシャーシ内で必要に応じて組込むことができます。
MSV-1200は従来の複数ストレージと複数I/Oで構成された貴方のサーバシステムを一気にダウンサイジングします。

主な機能と特長


  • ミッション・クリチカルな信頼性

  • MSV-1200シリーズはVDCP&TCP IPリモート、CIFS、FTP、Sambaなどオープンアーキテクチャを搭載、
    豊富なサードパーティツール群とシームレスな連携が可能です。
  • ホットスワップ可能なSATA RAID6アレーで構成され、2台のドライブの同時障害時でもビデオサーバとしての動作を保証します。
  • フラッシュメモリ採用のシステムディスクにより迅速な起動とオペレーションシステムの耐障害性を高め、ビデオサーバを保護します。
  • ホットスワップ対応冗長化電源搭載

  • スーパー・ハイ・コストパフォーマンス

  • 実効326時間または760時間(ともにXDCAM HD35Mbps換算)
  • ノンニンリニア編集機や外部ストレージとのダイレクト接続可能(FTP/CIFS)
  • HD最大4入力6出力あるいは3入力8出力までをサポート(MPEG HD50Mbsの場合)

  • マルチレート・マルチフォーマット録画再生

  • DVCPRO(25/50/100)、XDCAM HD4:2:0&4:2:2、 MPEG-2、 DNxHD(*)、 AVC-Intra(*)、DVCAM、
    IMX ビデオエッセンスとQuickTime、MXF OP1a、そしてAVC-Intraをサポート
    *DNxHDとAVC Intraオプション導入時
  • マルチフォーマット、マルチ解像度においてバックtoバック再生可能
  • アップ・ダウンコンバートとクロスコンバートをサポート
  • チャンネルごとにフォーマット・解像度を設定可能なア・ラカルト構成
  • 日本語字幕フォーマットに対応
  • XORメディア製レガシーサーバのビデオファイル再生完全互換
  • SD専用エンコーダとHD/SDスイッチャブルエンコーダを用意

  • 優しい環境負荷

  • 常用400W、起動時800Wの低消費電力
  • 発熱量 1,843 BTU (x16ドライブ,最大入出力構成時)



オーダリングガイド

モデル名 仕様
MSV-1200-00 MSV1200ビデオサーバ本体, 8TB RAID6、冗長化電源
CEK-X200-00 入出力拡張キット(MSV-1200-00へ組込)
HDK-X200-00 追加8TB HDD拡張キット(MSV-1200-00へ組込)
MSV-STOR1T-UPG 追加8TB HDDキット(MSV-1200-00へ組込)
SWL-MSVENC-HD 1ch HDエンコーダパック(MPEG/HDVとSDスイッチャブル)
SWL-MSENA-HD 1ch AVC-Intra対応HDエンコーダパック(AVC-IntraとMPEGの双方へ対応)
SWL-MSVDEC-HD 1ch HDデコーダパック(HDへのアップコンバートとSD固定スイッチャブル)
SWL-MSVDEA-HD 1ch AVC-Intra対応HDエンコーダパック
(AVC-IntraとMPEG/DV/HDVの全てに対応)
SWL-MSVDEC-SP 1ch サイマルキャストHDデコーダパック(アップ&ダウンコンバートと機能)
SWL-MSVDEA-SP 1ch AVC-Intra対応サイマルキャストHDデコーダパック
(アップ&ダウンコンバートと機能)
SFW-MSV-DXN 1ch アド・オンDNxHDコーディック(HDデコーダパックが必要)

MSV-1200 カタログのご請求はこちらから