株式会社コンドーブロードキャスト
iControlルータソフトウエア


iControl

ルーティングスイッチャのコントロールと表示モニタリングをIPネットワーク上で実現した、グラスバレー製ルータソフトウエア(iControl)は、非常にフレキシブルなGUIを装備しています。

NVisionルータ用プロトコルはもちろん、他社製のルータ用プロトコル(現在は海外製品のみ)もご用意してiControlルータソフトウエア上で、ユーザインターフェイスが異なった他社のルーティングスイッチャを同じ操作で扱えるようになっています。 iControlルータソフトウェアはシングルユーザインターフェイスから複数のルータコントロールまでコントロールの構成がシームレスに可能です。

iControlルータソフトウエアは、IPネットワーク上で動作し、複数ユーザが複数のルータをモニタリング、コントロールできます。また、LAN上からさらに遠隔地からのオペレーションも実現しています。

マトリクスとシングルバス・ビューを備える、iControlルータソフトウエアは、操作性に優れるとともに、高い柔軟性を併せ持っています。
コントロールとモニタリングのソリューション、グラスバレーicontrolWEBプラットフォームとの統合アプリケーションが可能なことも、iControlルータソフトウエアの特徴です。

放送局インフラ内の、入り口から出口までのモニタリングソリューションを提案します。
グラスバレーあるいは他社製のエンコーダ/サーバからストリーミングされるライブビデオを表示するウィンドウ、あるいはデンサイトシステムのプローブからのビデオなど、ルータのプリセット状態をオペレータがテイク操作をする前にPCスクリーン上で確認できます。

また、iControlルータパネルと統合することにより、オペレータはiControlルータを使用することであたかも小型のルータを操作するかのように大型ルータをコントロールできます。
複数のルータ間でバーチャルなルータ構成を造り、互いにリンクすることも可能です。

iControl iControl


主な機能と特長

  • ローカルあるいは遠隔地からwebビューイメージで操作可能なwebブラウザベース環境
  • 完全なルーターステータスとマルチバスに渡るスイッチングマトリクス・ビュー表示
  • 1操作毎の独立コントロールシングルバス・ビュー
  • 独立した最大8レベルのコントロール
  • プリセット/テイクまたはダイレクトテイク操作
  • ディスティネーション・ロック
  • サルボとグル―プスイッチング
  • ルータステータスのライブビデオモニタリング可能
  • PCからルータフレームへRS232/422接続可能


オーダリングガイド

iControlルータ カタログ (pdf 72)