株式会社コンドーブロードキャスト
ラウドネスコントロール

ラウドネスコントロールとは、番組とコマーシャルの間や、各番組間・テレビ局間で生じる音量レベルの違い(ラウドネス値)を平準化して聴きやすくするシステムソリューションです。

先ごろ、民放連により案内された、テレビ放送における音声レベル運用基準(TO32)の導入が、いよいよ2012年10月1日から導入されます。

地デジ放送・CS放送・ケーブルテレビ局などから放送される番組は、番組本編とコマーシャル/プロモ映像間で、音量レベルに差があることがしばしばあります。視聴者はこの音量レベル差の対策に、テレビリモコン片手に放送を見ることもを頻繁にあります。

ラウドネスコントローラーは、ラウドネスアルゴリズムを使って、放送セグメント間の音量レベルの差を平準化するソリューションです。
「デジタルテレビ放送番組におけるラウドネス運用規定」(TR-B32)が本格に運用された後は、音量レベルの差による視聴者の視聴満足度は改善されると期待されています。 しかし、特にスポーツ生番組で、サッカー、野球等予測不可能な音量レベルの増大に対してラウドネスコントロールソリューションは、自動的に音量レベルの増大を抑え込む効果が期待されるので、ライブ放送中の放送局側のミキシング作業の手助けが可能となります。

  • CM、プロモをビデオサーバへ録画する際にラウドネスコントローラを使用して素材毎の音量レベルのバラツキを抑えます。
  • 各チャンネルの最終段にラウドネスコントローラーを挿入します。
  • プロセスには音量のみをコントロールするアルゴリズム周波数分割により、イコライザ並びにレベルコントロールするいくつかのアルゴリズムを選択できます。


ラウドネスコントロール・インジェスト


コマーシャルイベントをビデオサーバへインジェストする際にラウドネスコントローラ(ALC)を用い、ピーク超えた音量抑制を行い、音量レベルをターゲットレベル(-24LKFS)へ近付けます。



ラウドネスコントロール・マスター


ラウドネス運用規定に合致させたCMとライブやスタジオサブからの生番組を連続してオンエアする際、APCの制御によりCM区間のラウドネスコントロール・OFF、サブ・ライブのソースに対して、ピークを超える音量抑制を行い、ターゲットレベル値(ー24LKFS)へ近付けます。